闇金の被害相談は弁護士も嫌う?

闇金から借りてしまってなかなか返済が終わらない。それは闇金の被害に他鳴りません。

それに、闇金からの執拗な取り立てに苦しんでいる人は弁護士に相談してもなかなか取り合ってくれなかったり進展しなかったりするのが実情です。

実は、闇金が相手だと二の足を踏んでしまう弁護士が多いのが実情なんです。弁護士は法律で市民を守ってくれるものというイメージが強いですが、闇金はかなり厄介な存在であり弁護士も嫌がることが多いようです。相談したことがある人なら分かると思いますが、闇金の相談はお断りしている弁護士も多いです。

なぜ、闇金はそれほど厄介なのでしょうか?なぜなら闇金は法律なんて関係のない世界で生きている人たちがやっているからです。今は法律で金利や取り立ての制限がされていますから、それらを無視した闇金は違法であることは明らかですが、やはり弁護士も怖い、関わりたくないというのが本音なんだと思います。

そんな中、正義感が強くヤミ金にも立ち向かっていく弁護士もいます。そういった弁護士にはなかなか巡り会えないのですが、ここでは、そんなヤミ金にも立ち向かってくれる頼れる弁護士事務所・司法書士事務所を紹介しています。相談までは無料なので一度相談してみてはいかがでしょうか。

弁護士にヤミ金問題を断られたら!
  • 弁護士でもお断りするヤミ金問題を解決!
  • 悪質な取り立てを最短即日ストップ!
  • 元金の返済も不要に!
  • 24時間365日受付
  • 相談は無料
  • 日本全国対応
種別司法書士事務所
司法書士奥野 正智
所属大阪司法書士会所属
ヤミ金対応可
住所大阪市北区東天満1-11-15 若杉グランドビル別館2F
その他全国対応


闇金にひっかからない為に

闇金とそうでない消費者金融はどうやって区別をつけたらいいでしょう?現実世界では、テレビドラマのように明らかに悪そうな風貌はしていません。逆にさわやかな好青年が出てくる闇金だってあります。

闇金は、金利が違法である場合が多々あります。現在の貸金業法では上限金利というのが決まってます。

借りる金額 10万円まで 20% 借りる金額 100万円まで 18% 借りる金額 100万円超え 15%

このように借りる金額に応じて上限金利が決まっています。これより高い金利を取ると行政処分の対象になります。これより高い金利が契約書に書かれていたら闇金と思って間違いないでしょう。

また、貸金業者は金融庁の許可が必要ですが闇金は当然そんな許可は取っていません。 許可を取って貸金業者として登録している業者かどうかを調べるには、金融庁の登録貸金業者情報検索で検索することができます。業者名や登録番号を入力すれば正規の業者かどうかが分かります。

もしあなたが返済ができず延滞してしまったとしても、法律で取り立て方法が制限されています。しつこい訪問、夜中の取り立て、会社への訪問などは違法行為です。返せないのは悪いことですが、貸した側にも返済能力を見誤ったという責任があると考えられています。

闇金はそもそも返済する義務はない

もし、違法な金利で借りていたら、そもそも消費貸借契約は無効とされ、利息を1円たりとも払う必要はないとされています。元本程度は返さないといけないとは思いますが、過去の最高裁判所の判例では、「かなり金利が高い場合は犯罪性が高いため元本すら返す義務は無い」とされた例もあります。

金利が高いと毎月の返済を利息返済分に充てるのがやっとで元本がなかなか減らないという状態に陥ります。すると、もう何年も返済していて元本の何倍もの金額を払っていたなんてケースも出てきます。そういった場合は、元本以上に払った金額の返還請求も可能ですからお金が戻ってくることもあります。

こういった交渉は、勇敢な弁護士でないと難しいです。間違っても自分で交渉しようとしない方がいいです。相手はある意味プロですから変な念書を書かされたりして不利になることもあるからです。必ず、ここで紹介している弁護士い相談することをお薦めします。

幸せな未来の為に!


このページの先頭へ